読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧ミステリーナビ

北欧ミステリーのおすすめ作品など紹介してきます。

【まとめ】楽天koboで読める北欧ミステリー

kobogloを購入してから、すっかり電子書籍中心の読者スタイルになりました。私は北欧ミステリーを好んでいますが、楽天koboでも北欧ミステリーが読める作品を見つけましたので、いくつかシリーズを紹介したいと思います。

 

ミレニアムシリーズ


ミレニアム(1 〔上〕) [ スティーグ・ラーソン ]
ミレニアム(1 〔上〕) [ スティーグ・ラーソン〕
言わずも知れたスウェーデン発の超有名シリーズ。北欧ミステリーブームの火付け役となった作品。ハリウッド版で映画化もされており、北欧ミステリー好きで知らない人はほぼいないでしょう。
シリーズは3作を最後にスティーグの死去により、止まっていましたが、4作目が別の方の執筆によりシリーズ再開となりました。こちらの4作目も楽天koboで購入可能です。

特捜部Qシリーズ


特捜部Q(カルテ番号64) [ ユッシ・エーズラ・オールスン ]
特捜部Q(カルテ番号64) [ ユッシ・エーズラ・オールスン ]
こちらはデンマーク発のシリーズ。刑事シリーズでコペンハーゲン警察に新設された新部署『特捜部Q』
が舞台。この部署に所属することになった過去の事件の影響で心に傷を負ったカール警部、助手の謎の過去をもつ奇人アサドらが過去の未解決事件を次から次へと解き明かしていく人気シリーズ。現在6作発表されていますがいずれも楽天koboで購入できます。

エーレンデュル警部シリーズ


 
湿地 [ アーナルデュル・インドリダソン ]
湿地 [ アーナルデュル・インドリダソン ]

アイスランドの作品。こちらも特捜部Qと同様に警察物。舞台は首都レイキャビクレイキャビク警察署の警部エーレンデュルが難事件に立ち向かっていくという内容。このシリーズはページ数があまり多くなく2時間あれば読み切れてしまい非常に読みやすい作品となっております。アイスランドといえば平和な国のイメージがあり、殺人事件が世界でも非常に少ない国と知られていますが、この作品の事件非常に残酷なものが多く、事件の背景にはアイスランドの歴史が関連してくるものが多く、アイスランドという国も知ることもできる内容となっております。


 

今後もどんどん追加していく予定です。